確率2分の1

BEANSマップ > 日記 > 確率2分の1

確率2分の1

2014年11月 8日(土曜日) テーマ:日記

FX投資初めての方が市場の要を見つけるには、まず初めにトレードを積み重ねることが大切である。

 

特に、未然にピンチを感づくようにするようになるには、ミスをすることも体験のひとつです。

 

言うまでも無く、失敗するといっても、やり直しが効かないほど致命的な過ちをする事は問題外です。

 

取り戻せるぐらいの失敗を何回か経験することが、結果的に自分の経験値を高めてくれるはずだ。

 

こう考えると最初は少額で投資してこれによって数度取り戻せる損をすることを推奨します。

 

例として、100万円だけしか投資できない場面でよく考えずに100万円を一円も残さないで賭けて注文すると損した時、二度とやり直せない恐れがあります。

 

それより、ひとつの例として資金の10%ずつ取引して、ここで勝ち負けを積んだ方が、じょじょに失敗を対応する手法なども学習していくはずです。

 

まずはじめにわずかなお金で投資することの長所は、先に記したように、自分の経験値を高め間違いをコントロールする術を覚える事にありますがエントリーの回数を繰り返して、危険性を削減する事ができるという良いところもあります。

 

例として、1度のエントリーで勝てる確率が二分の一だとします。

 

言い換えると、同じ条件でマイナスになるリスクもあるということになります。

 

勝率5割ということは。

 

五分五分の割合で勝利できる事を意味しています。

 

だがしかし、全部の資金をつぎ込んで1回のみの売買をするということは、明確な勝ちか、負けのいずれかになってしまいます。

 

これは賭博と同じです。

 

それは全ての財産をつぎ込んで1度しか取引をしないと、これだけでは損失が生じるリスクが大きくなります。

 

これを回避するために、資金を1度にすべて投じるのではなく、少額ずつ分けて、回数を積む事がリスクコントロールとなります。

 

だからといって何回かに分けたとしても全部に稼ぐ事は必須ではありません。

 

正確に言うと、全部は勝てないのが実際です。

 

重要なのは、勝つ確率ではなく、どのように儲けるかである。

 

勝半5割でもたとえ勝率3割でも儲かる時は儲かります。

 

負ける確率が高くても損失が小さければわずかな勝利の儲けだけでかなり儲けられます。

http://www.warakuan.jp/

それには、損を小さく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

 

損したらすぐにロスカット注文してそれとは逆に勝てる時は上手に利益を出す事が、外為取引の経験の浅い方が外国為替証拠金取引でプラスになるための手段です。

 



関連記事

確率2分の1

確率2分の1

2014年11月 8日(土曜日)

テスト

テスト

2014年5月23日(金曜日)